はるなぴログ

WEBサイト作成技術研究

魚拓サイトで逆SEOされたらしいのでバックリンク否認してみた

記事を大量に魚拓されてたようです!もしかしたら逆SEOされた?

何でこんな個人サイトが逆SEOされなければいけないのでしょうか?

よく分かりませんが思い切ってGoogleサーチコンソールからバックリンク否認をしました。

f:id:hal7pi:20180721083431j:plain

魚拓サイトとは?

魚拓サイトとは、URLを入力してボタンを押すとウェブページを丸ごとコピーしてキャッシュくれるサイトです。

誹謗中傷されたりしたサイトの証拠を残すというような目的で使われたりしています。

今回は魚拓サイトに的を絞りますが実は他にも怪しいリンクをもらっています。こちらはリンク本数は大したことないのですが、どうやら過去にフィッシングサイトを運営していた形跡あり。これも逆SEOの一種かなと思っています。

詳しいことが分かったらまたご報告しますね。

Googleサーチコンソールの「サイトへのリンク」

どうして大量の魚拓を取られたことに気づいたのか?

それはたまたまGoogleサーチコンソールの「サイトへのリンク」をチェックしてみたからです。チェックの仕方を説明します。

サーチコンソールの左側のメニューの「検索トラフィック」から「サイトへのリンク」をクリックします。

f:id:hal7pi:20180721083828p:plain f:id:hal7pi:20180721083836p:plain

「リンク数の最も多いリンク元」をチェックしてみましょう。

f:id:hal7pi:20180721084026p:plain

archive.isというドメインから646本もの被リンクが来ています!これはhatena.ne.jpを抜いてトップです。どう考えてもおかしいですよね!

それで「一体どんなサイトだ?」と思って見に行ったら魚拓サイトだったという訳です。でもいくら何でも646回も魚拓を取られるのは変ですよね?

これら被リンクドメインをCSVファイルにダウンロードすることが可能ですので、その方法を書いておきます。

「詳細」をクリックします。

f:id:hal7pi:20180721083848p:plain

「最新のリンクをダウンロードする」をクリックします。

f:id:hal7pi:20180721084040p:plain

「ダウンロード形式の選択」からCSVにチェックが入っていることを確認し「OK」を押します。

f:id:hal7pi:20180721084050p:plain

これで被リンクを記録に残しておくことができますね。

逆SEOとは

逆SEOとは、相手のウェブサイトがGoogleなどの検索エンジンからペナルティを受け、検索結果に上位表示されなくなるように、あたかもブラックなSEOをしているかのように操作するSEOの手法です。

つまりこの魚拓サイトからのバックリンクは、はるなぴが被リンク数を稼ぐためにやっているように検索エンジンから見えている可能性があるということ。

もしかしたらこれが原因で(ペナルティで)アドセンスの審査にも不承認となったのかなぁ?(単なる自意識過剰ならいいんですが…)

だってわずか数記事を646回も魚拓するなんてのは手動とは思えません。自動化ツールでやられたのではないかと推測しています。じゃあどうしてそんなことするのかと言えば、いたずらでこんな手の込んだことをするとも思えませんし…

いろいろと考えた末に思い切ってバックリンク否認をすることにしました!

バックリンク否認の方法

バックリンクを否認する方法について説明します。

バックリンク否認とは、検索エンジンに対象となるリンクを評価しないよう拒否してもらうことを指します。

しかしいきなりサーチエンジンで否認を申請するのではなく、まずは対象となるサイトにリンクを削除してもらうよう申請をするのが先です。

魚拓サイトの場合はコロコロとサーバを変えているようでラチがあきません。否認の申請をするとサイトへのアクセスが大きく減るリスクもあるようなので、最終手段として慎重にしてください。

はるなぴの場合はGoogleアドセンスの審査にも関わる可能性もありますので勇気を振り絞って被リンク拒否をすることにしました。

被リンク拒否するドメインを含むファイルを作る

テキストファイルにバックリンク否認をするドメインを書き込みます。ファイル名は何でも構いません。

コメントを書くことも可能です。文頭にシャープ(#)記号のある行はコメント行とみなされます。

はるなぴの例を参考にしてみてくださいね。

# 海外の魚拓サイトに大量のウェブ魚拓を取られ逆SEOされた
# リンクの削除を依頼したが回答なし
domain:archive.is
domain:archive.li
domain:archive.fo

これをdenial.txtという名前のテキストファイルに書き込みました。これで準備完了です。

他にも怪しいドメインがあるかもしれませんが、とりあえず今回は魚拓サイトに的を絞りました。

リンクの否認

リンクの否認ページから行います。

自分のサイトのURLを入力して「リンクの否認」をクリックします。

f:id:hal7pi:20180721084504p:plain

確認画面が出ます。慎重に考えてから否認するよう注意されます。確認した上で「否認する」を押します。

f:id:hal7pi:20180721084522p:plain

「ファイルを選択」をクリックして先ほど作成したテキストファイルを選択します。ファイルの選択が完了したら「送信」をクリックします。送信後の取り消しはできませんので間違ったファイルを送信しないようご注意ください。

f:id:hal7pi:20180721084546p:plain

送信結果が赤枠に表示されます。「リンク否認のファイルのアップロードが完了しました。」と表示されればお終いです。お疲れ様でした。

f:id:hal7pi:20180721084607p:plain

なぜこんな個人サイトが逆SEOされたのか?

単なる偶然なんでしょうか?こんな個人サイトに逆SEOなんて?みんなやられている?

それとも、もしかしたら自分の記事には力があるのかな?それで逆SEO仕掛けられた?

スター・ウォーズ/フォースの覚醒の中でレイが自分の力(フォース)に気づいていく場面がありますけど、これが本当に逆SEOなら却って嬉しいかも!?(呑気系)

逆SEOがダークサイドならジェダイはどこにいるのでしょうか?はるなぴをたびたび助けたり導いたりしてくれているorefolderさんかな?他にも、はてなブログ仲間たくさんいるし…きっと大丈夫!

May the Force be with us!