はるなぴログ

WEBサイト作成技術研究

GDPR対応で個人ブロガーがまずしておくこと

GDPR対応で個人ブロガーがまずしておくことは何か?

GDPR対応が今話題ですね。個人サイトは何をしたら良いでしょう。ヨーロッパからのアクセスが中心という方はほとんどいないと思います。事業としてブログを運営しているという方も同じでしょう。

個人サイトでGDPR対応と言ったらまずGoogleアナリティクスの設定変更です。

本当はGoogleから「一般データ保護規則(GDPR)に関する重要なお知らせ」というメールが来ていたのですが(和文、英文)見落としている方が多いと思います。

f:id:hal7pi:20180808201541j:plain

Googleアナリティクスの設定を変更してデータ保持期間を無期限にしよう

Googleアナリティクスの設定変更をしていない方はデータ保持期間が26か月になっていると思います。

これを永続化できるよう設定変更します。

まずGoogleアナリティクスの左側メニューから歯車マークの「管理」を選びます。

f:id:hal7pi:20180808201616p:plain

真ん中の列から「トラッキング情報」をクリックします。

f:id:hal7pi:20180808201634p:plain

「データ保持」を選びます。

f:id:hal7pi:20180808201642p:plain

「ユーザーデータとイベントデータの保持」の設定を「自動的に期限切れにならない」に変更します。「保存」ボタンを押すのを忘れずに。

f:id:hal7pi:20180808201652p:plain

お疲れ様でした!

GDPRとは

ところでそもそもGDPRとは何でしょう?

GDPRとは、General Data Protection Regulationの略で「EU一般データ保護規則」と呼ばれています。

EU)内の個人のためにデータ保護を強化し統合することを意図して作られた法規制です。罰則もあり違反した場合には高額の賠償金が課せられることもあります。

なのでEUに対し直接取引のある企業はかなり影響を受けます。個人サイトでも面倒ごとを嫌ってEUからのアクセスをすべて遮断する設定に乗り出す方もいらっしゃるようです。

はるなぴはまだそこまでする必要があるとは思いませんが、国際的なサイトを運営している方は個人サイトといえども要注意です。

はるなぴも今後の推移を見守っていきたいと思います。必要ならプライバシーポリシーに記述を追加する必要が出てきますからね。